ロジスティクスって一体何?

ロジスティクスとは企業を発展させるために不可欠なシステムです

ロジスティクスとは?身近な事例で説明します

ロジスティクスとは「顧客の要求を満たすために、算出地点から消費地点に至る物・サービスおよび関連する情報の効率的かつ効果的な流れ・保管を計画・実施・管理するプロセス」と定義づけできます。 では、具体的にはどのようなことを考えていくのでしょうか。

ロジスティクス業務とは

「ロジスティクス」って言葉聞いたことありますか?ロジスティクスとは、ひとことで言えば、「物の流れを総合的にマネジメントすること」です。
物の流れとは物流ですが、所謂、物流業務はロジスティクスの一部にすぎずません。ロジスティクスという考えを導入することによって、原材料の調達から供給量やタイミング、マーケティングまで総合的に管理していくことによって効率化を図り、商品やサービスの多様なニーズに応えていこうというものです。
わかりづらい面もあると思うので、ごく身近な事例を挙げてみますね。あくまでさわりですが、こんな感じのものということで理解しておいてください。とある家庭の食事についてを例にしてみます。
夫婦と子供二人祖父母の6人家族がいます。基本的に専業主婦であるママが食事を取り仕切っています。週に何回か買い物に出かけます。そこで食材を買って調達。もちろん、中身は献立を考えて、量も経験上目途は立っています。それを適切な保存方法に合わせて冷蔵や冷凍、冷蔵庫外で保管します。
そして、いざ食事を作るときになればメニューに合わせて食材を適切な量だけ取り出して調理、食卓に並べられます。年代によって好みも変わりますから、出すメニューも若干変えています。
かなりスーパーなママですが(笑)、このシステムがロジスティクスということになります。仮にこのママが病気になり誰かが代役しなければならないと…しっかりしたマニュアルでも作成していないと同じようには進まないでしょう。買い物でも保管でも調理でも、食食卓に出す時間でも、どこか1か所でもマニュアル通りできないとこのシステムは破綻します。
こういったシステムは各業界に取り入れられていて、原材料調達から物資の流通管理、生産場所や供給のタイミングや量まで、総合的に管理されて私たちの手元に商品やサービスが届けられているのです。

ロジスティクス改善事例をご紹介

では、実際にロジスティクスシステムを採用するとどうなるのでしょうか。 物流は物の流れですから、どこかの地点に問題があると下流にしわ寄せがきたり全体的に澱んできます。 ですから、その問題点を改善してあげれば下流までスムーズに流れたり全体的に澄んだ流れになってくるのです。

ロジスティクス専門家になるための資格

ロジスティクスの仕事をするためには、物流やマーケティングの知識と物流全体の流れを俯瞰的にみる視点が必要になってきます。 キャリアアップしていくにはそれ相応の知識やスキルが必要になりますが、そういった知識やスキルを認定してくれる資格が存在します。

ロジスティクス業務とは

ロジスティクスとは?身近な事例で説明します

ロジスティクスとは「顧客の要求を満たすために、算出地点から消費地点に至る物・サービスおよび関連する情報の効率的かつ効果的な流れ・保管を計画・実施・管理するプロセス」と定義づけできます。 では、具体的にはどのようなことを考えていくのでしょうか。

ロジスティクス改善事例をご紹介

では、実際にロジスティクスシステムを採用するとどうなるのでしょうか。 物流は物の流れですから、どこかの地点に問題があると下流にしわ寄せがきたり全体的に澱んできます。 ですから、その問題点を改善してあげれば下流までスムーズに流れたり全体的に澄んだ流れになってくるのです。

ロジスティクス専門家になるための資格

ロジスティクスの仕事をするためには、物流やマーケティングの知識と物流全体の流れを俯瞰的にみる視点が必要になってきます。 キャリアアップしていくにはそれ相応の知識やスキルが必要になりますが、そういった知識やスキルを認定してくれる資格が存在します。

TOPへ戻る